関節のイラスト

リウマチになると起こる症状を知ることも大切

主な症状

ガッツポーズ

関節のこわばり

朝から関節がこわばってしまう方は、リウマチを疑いましょう。この病気の特徴とも呼べる症状で、関節周辺が特にこわばります。病気が悪化すると、症状も長く続くようになるでしょう。そうなる前に病気を疑い、すぐに世田谷の病院へ行くことです。

関節炎

関節が腫れて、熱っぽくなります。リウマチの場合は、赤く腫れることはほとんどないでしょう。痛みは動かすと発生します。また、その他の特徴としては痛みが移動することが挙げられるでしょう。色々な関節が傷むのです。

滑液包炎

関節周辺にある袋状の組織を、滑液包といいます。この組織に炎症が起こり、痛みが発生するのです。滑液包には関節同士の摩擦を軽減する役割があります。摩擦が増すことで、痛みを発生させてしまうのです。

痛みやすい箇所も

リウマチの症状について理解できた後は、痛みやすい箇所についてもチェックしておきましょう。病気の早期発見に役立ちます。

症状が多い関節

指の関節

基本的に指の関節に症状が現われることが多いでしょう。特に、第二関節にリウマチの症状が現れます。朝起きてから、指がこわばることが増えてきたら注意しましょう。リウマチの可能性を疑って放置はしないようにします。

手首の関節

手首の関節にも症状が現われるでしょう。曲げたりすると、痛みが発生します。手首に腫れや痛み、熱っぽさを感じるようになるのです。このような症状が現れたら、専門のクリニックを受診しましょう。

足の指の関節

足の指の関節にも、症状が現れやすいと言われています。特に、指の付け根に痛みや腫れが発生するでしょう。立ち仕事が多い方の場合、見過ごしやすい箇所になります。しっかりとチェックしておきましょう。

広告募集中